公認会計士は安定している?

三大難関国家試験と言われている公認会計士ですが、取得していることで将来の安定性も約束されるようなものなんです。
医師や弁護士と並んで難しいと言われている公認会計士ですが、公認会計士の主な仕事となる監査業務というのは、日本の市場では欠かせないこととなっています。
しかし、この監査業務は公認会計士にしかできないことなので、業務を独占できるんです。
つまり、仕事が常にあるということなんです。
こういったことから、公認会計士は安定性があるとも言われています。
社会の中で常に求められる存在なので、一度試験に合格してしまえば一生公認会計士として活躍することができるんです。
大変なす事ですがその分やりがいも感じられるので、おすすめです。