住宅ローン減税の控除期間は何年?

住宅を購入した時、住宅ローン減税という措置が受けられます。
これは簡単にいいますと、住宅を購入してから10年間、所得税と住民税が安くなるといった軽減処置です(人により金額は様々です)年間最大20万円安くなるので、単純計算で×10年で200万円税金控除を受けらると言う事ですね。
来年からは消費税があがるので、それに伴い、4月入居からの場合はこの2倍、年間40万円までの控除が受けられます。
注意したいのが、この住宅ローン減税を受けるには、入居してから翌年の確定申告は自分でやらないといけない。
という事です。
サラリーマンの方は会社で年末調整を任せてしまう人が多いと思いますが、住宅ローン減税処置を受けるには、一年目は自分で確定申告する必要があります。
2年目からは、通常通り、年末調整で出来ますので、一年目だけは注意してください。
住宅ローン減税という制度があります。
これは、住宅をローンを組んで家を購入した人には、一定期間税金が安くなる。
という制度です。
適応控除期間は10年間です。
住宅ローン減税は来年度、消費税が上がるにつれて控除金額がUPするのですが、控除期間はそのまま10年です。
住宅ローンの支払いは、最大35年ですよね。
35年間、ローンの支払いを毎月するのは、なかなかしんどい事です。
その中で、10年間税金が安くなると言う事は、家計を預かる主婦の方にとっては、ありがたい制度だと思います。
10年後には、この制度は無くなってしますので、それまでに貯金をして繰り上げ返済をし、少しでもローン残高を減らす。
という賢い工夫をする方も多いようです
http://www.housingloantax.com/